ベイブレードバースト新商品『アンロックユニコーン』の最新レビューだよ!

Kazunori
ども!Kazunoriです!

ちょっと暗めな「吹雪右京」君のアンロックユニコーンが出た~。

ホワイトカラーが可愛く、女子ウケしそうなこのレイヤー。

 

まぁ~右京君も女子ウケ良さそやし、レイヤーもこれじゃしゃ~ないよ(笑)

 

そんなアンロックユニコーンちゃんを最新レビューだ~。

ちょっと遅いか・・・。

 

見てね~。
[ad#beyblade1]

アンロックユニコーン

アンロックユニコーンレイヤー

コロコロコミックの画像やベイブレードバーストの公式ページ画像を見ていると

何となく可愛らしいと思ってしますのは僕だけかな?

 

そんな、思いに更けながら、早速アンロックユニコーンのを開封致しました!

 

・・・。

なんか違うな?

味気ないぞ。

 

そりゃそうだ。

コロコロコミック、ベイ公式ページのアンロックユニコーンも

レイヤーにシールが貼ってあるからだよ~。

 

って、そうか。

 

普段は後々剥がれて、汚くなるという理由で、

レイヤーにはシールを貼らない主義のこの私。

 

がしかし。今回ばかりはイメージとの乖離が激しかったので、

やっちまいました!

 

デザインシールの貼付!

unlockunicorn1

上出来上出来。

これでイメージ通りだね。

 

アンロックユニコーンにあしらわれている「U」の字。

これ「ロック」意味する鍵なのかと思ってのですが、

これは「蹄鉄」ですね。

 

初期型ユニコーンにも同じ図柄がレイアウトされていたので、

気付きました。

 

これに気付いてなかったら、このブログにも

「鍵」ですよ~なんて、赤っ恥をかくところでした(笑)

 

はい。

そして、恒例のレイヤーロック検査!

昔は、校門も前に先生が立って、スカートの丈の長さをチェックしていましたな~。

って、Kazunoriもそんなに古い時代の人間ではありません(笑)

 

スカートの丈チェックならぬ、レイヤーの山チェック参りましょう!

UULOCK

 

と言うか、白レイヤー見ずらいっ。

ちょっと角度を変えるなりしてご覧ください。

 

ロック自体は特に変化を加えた感じはありませんでした。

ディフェンス系のレイヤーは全体的にこういった感じなのでしょう。

カイザーケルべウス、ワイルドワイバーンもロックの形状の変化は見られませんでしたので。

 

ロックの堅さと言う点では、アンロックユニコーンとカイザーケルべウスが同程度。

ワイルドワイバーンよりはやや堅いといった感じです。

 

そして、もう一つ。

アンロックユニコーンはデュアルレイヤーの中でもレイヤーの厚みが無い。

つまり、初期型のレイヤーに近い形状となっている点。

 

デュアル化している部分もユニコーンの角の部分だけ。

 

あとは上段レイヤーが下段レイヤーを覆っていますね。

 

これって、形的には90%が初期型レイヤ―から継承されているイメージです。

色も形もよ~く似ていますからね。

UtoUU

 

空気抵抗も少なく、形状も円の近いので「持久」といった所は心配なさそう。

 

あとは、どのディスクやドライバーと組み合わせていくか。

ブレーダーの腕の見せ所でしょうか。

 

カイザーケルべウスよりもレイヤー側面の凹凸が少ないので、

受け流し効果は結構あると思いますよ。

 

ダウンディスク

形がアームドやバーチカルに似ていて違いがわからん。

そんな方もいらっしゃるのでしょうか。

 

確かに形はにていますが、この『ダウンディスク』

ちょっと性能が宜しいかもわかりませんよ。

 

アームドやバーチカルと比べ重量は約1g程重く、

その重心は同じくアームドやバーチカルと比べると低い。

重量に関して言えば、メジャーディスクの「ヘビー」や「グラビティー」

よりも約1gだけ軽い。

hikaku

 

いわば腰の位置が低い分、重量が軽くてもヘビーやグラビティーといったメジャーディスクとも

互角に渡りあえる可能性がある?

ような気がしますよ。

 

実際に「DデスサイザーG・D」対「DデスサイザーD・D」の対決は

ほぼ互角のスタミナ勝負でした。

シュート次第では勝ち負けが出来る改造だと思います。

 

今後も検証して行く必要はありますが、

期待のディスクである事は間違いありませんね。

 

 

ニードルドライバー

この二―ドルドライバーをお持ちの方も少なかったのではないでしょうか。

例外なくKazunoriも持っていませんでした(笑)

 

このニードルドライバーはランダムブースターVol.2のイビルアイに付属していたドライバ―。

なので、持っている方は結構少なかったんですね。

 

なんといっても、特徴は「イボスパ」

あっ、イボイボスパイクの事っす。

nidle

 

真下に落とせば安定回転。

斜め打ちをすれば、エッジが掛かり、攻撃的な動きも見せるので、

シュート次第で動きがだいぶ変わる印象です。

 

イボスパの効果は・・・です。

[ad#beyblade1]

まとめ

てな事で、トリプルブースターと一緒に発売されました、

「アンロックユニコーン」の商品レビューをしてみました~。

ノヴァネプチューンのレビュー記事はこちらから

 

デュアルレイヤーの中で一番デュアルレイヤーらしくないアンロックユニコーン。

ですが、その強みを活かした改造が出来そうな気もします。

そして、ノヴァネプチューンと並び可愛らしいデザインで女子ブレーダーを引き込んでくれたらな~。

なんて、淡い期待もしていたり(笑)

 

だって、大会で成年女子と試合なんてなったらテンションあがりません?

ミスシュート連発で即負けしそうですけどね(笑)

[ad#beyblade1]

6 COMMENTS

つっちー

アンロックユニコーンのアンロックはやはり謎ですね・・・
おっしゃるとおり今までのDR(デュアルレイヤー)よりレイヤーコアの露出が少ないですよね、でもこの角、はじきが強いです。Uユニコーンは一点集中のカウンターでいいかも。Uユニコーン.U.U(U4)もなかなか強そうです
 ダウンディスクは上部分を大きく肉抜きされてて、確かに低重心ですね、しかもディフェンスによく合う、Dデスサイザー.D.Dの無双がはじまるのか・・まさに死神!
 そういやドライバーやディスクの予想がないですね・・
シゲキックスとベイブレードのキャンペーンやってるみたいです。あのレアベイゲットのチャンス?
http://shigekix.jp/

返信する
giveson

アンロックユニコーンは配色がとても綺麗だと思います。
それとジリオンゼウス、どうやら鉄球はレイヤーに入っているっぽいです。
ドライバーはオレンジっぽいのでスタミナ系?

返信する
KAZUNORI HASHIMOTO

giveson様

メッセージお寄せ頂きありがとうございます。
どもっ!Kazunoriです。

どうやらそのようですね。

私も確認致しました!

気なるのは左回転で登場するのか否か・・・。

レイヤーは紫でしょうかね~。

また情報をお待ちしております。
今後もベイブレードバーストトピックを宜しくお願いします!

Kazunoriでした!

返信する
自悠翔

アンロックユニコーン.D.Nのロックが緩いのが気になりますなぁ〜。

ダウンディスク、ニードルドライバーは優秀パーツなんですが…
試しにアンロックユニコーン.B.Jで戦わせてみると、相手のベイを見事バースト!これならいける…かも?

あとロックの緩さも少し改善されたようにも感じました。
まだ研究重ねないと…

返信する
KAZUNORI HASHIMOTO

自悠翔様

メッセージお寄せ頂きありがとうございます。
どもっ!Kazunoriです。

アンロックユニコーンは守りに入ると、自から暴発する傾向にありますよね~(笑)。

どうせ、自爆的暴発をするなら責めに転じた方がいい?!

なので、自悠翔さんの改造はいいと思います!

僕も同系の改造を試してみましょうかね(笑)

また情報をお待ちしております。
今後もベイブレードバーストトピックを宜しくお願いします!

Kazunoriでした!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください