ブラストジニウスはカウンター改造で!世界3位のベイをレビュー!

Kazunori
ども!Kazunoriです!

世界3位のベイブレーダー
「ジョシュア・ブーン」のベイ、
『ブラストジニウス』をレビューです!

ディフェンスタイプのベイの
性能はいかに?

ブラストジニウスの基本スペックと
ブラストジニウスのおすすめ改造をご紹介!

コイツは形状的にカウンタータイプやな・・

どんな改造になっているのかな?

見てね~。
[ad#beyblade1]

ブラストジニウス基本スペック

ブラストジニウス・5G・Gr

新規パーツはディスクの『5(ファイブ)』と
ドライバーの『Guard(ガード)』となてます!

ディフェンスタイプとなっていますが、
風モチーフのレイヤー形状が
回転方向に向かって飛び出しているので
形状だけで言えば、攻撃的とも言えますね。

神能力「サイクロンウォール」

ディフェンスタイプと言わしめる由縁は
神能力のサイクロンウォールにあります。

【神能力発動前】

【神能力発動後】

こんな感じで、レイヤーの外側が上に
浮き上がります。

これで、相手の攻撃をいなし続けるのが、
神能力「サイクロンウォール」って訳ね。

ちなみのサイクロンウォールの発動条件は、
相手ベイとの接触+遠心力です。

どちらか一つでもなくなると、
サイクロンウォールは発動しなくなります。

ご注意を!

[ad#beyblade1]

レイヤー重量は10.23g
これはガーディアンケルべウスとほぼ
一緒の重量となってます!

5(ファイブ)ディスク

5枚の刃ねを配置し、
アッパーフォースを生むディスクです。

左右非対称にみえますが、
それなりにバランスは取れている感じ。

ポイントは肉抜きの穴が線対称に配置され
バランスを少し変えているようです。

ディスク重量は21.64g
6、8と比べ少しだけ重いです。

ガード(Guard)ドライバー

正直、このドライバーを使いこなす、
環境がまだ見いだせない・・・(笑)

スカート部分のスタジアム接触によって、
スタミナダウンは免れません。

もちろん、オーバー対策や、
スタジアム接地によるバースト効果も
得られますが、デメリットの方が
大きいような気もします。

ドライバー重量は6.5g
ホールドドライバーとほぼ一緒の重量。

フレームは既存パーツなので、
レビューは割愛させて頂きます!

ブラストジニウスおすすめ改造

ブラストジニウス・5M・Cy

ブラストジニウスのレイヤー形状を活かし、
カウンター狙いの改造にしてみました!

レイヤーの重量を上げるために、
ゴッドチップはメタルに変更です。

フレームには攻撃的な「メテオ」
ドライバーは、カウンターの申し子、
「サイクルドライバー」をチョイス。

更に、
持久よりのカウンター改造にしたい場合は
プラネットドライバーを選んでもいいぞ!

ちなにみに、この記事でも書いていますが、
ギャラクシーゼウス最強改造で環境入り!3on3バトルセットレビュー!
プラネットドライバーがクレジットされている
3on3バトルブースターセットは
絶対に買いですよ!


ベイブレードバースト B-90 3on3バトルブースターセット

やっぱりカウンターを狙うなら、
ベイ全体の重量を上げる必要があるます。

なので、
ゴッドチップと重量級ドライバーで武装。

当たり負けする事がないように、
しておきたいですね。

[ad#beyblade1]

勝率はまあまあ(笑)

オーディン・H・R
アシッドアヌビス・H・Atは
難なくカウンターバーストで退けます。

ただ、ゴッドシリーズのベイについての
勝率は五分五分といった所ですね。

もちろん、
カウンター狙いなので五分の勝率でも
優秀だとはおもうのですが・・・。

ただ、
やたらとゴッドヴァルキリーとの
相性が激最悪・・・・(汗)

どうやら、
ゴッドヴァルキリーのウィングが
サイクロンウォールに接触するらしく、
余裕でバーストされます(笑)

まとめ

ブラストジニウスのレビューと
Kazunori的おすすめ改造をご紹介してみました。

アニメの世界でいう所の、世界3位の
実力がブラストジニウスにあるのか?

と言われると頭を抱えてしまいそうですが、
このレイヤーがせり上がるという、神能力は
世界トップクラスのアイデアだと思います!

なので、
ブラストジニウスが世界3位でも許します。

[ad#beyblade1]

7 COMMENTS

高校生ブレーダー工藤旧一

壁がせりあがるというギミックはベイブレード界にこれまでなかったアイデア。
これを採用したことに意味があるのです!
まだ買えてないのでなんとも言えませんが個人的にはブラストジニウス.D.Rbという風に低重心ディスクで安定させつつサイクロンウォールと高さの出るドライバーでメタベイの230効果を生みたい!

返信する
selector系ブレーダー

サイクロンウォールは購入前にレイヤーが上がる=接触する時にのみせり上がって受け流すものだと思っていたりガードドライバーもスカート部がフリー回転するものだと勘違いしていたので全体的にガッカリという印象がまだ拭えません。
前コメントの旧一さんのダウンディスクというのはレイヤー〜ディスク間の経が小さくなり接触する時に傾く>上からせり上がったレイヤーが抑え込むようになりそうでいいかもしれませんね。

返信する
葛葉タケル

はじめまして、静岡県でベイブレードやっている29歳です、ブラストジニウスですが、ギャラクシーゼウスのP Atで
あっさり倒しちゃいました、ガードもリスク高いので、買うのは断念しました…………ブラストジニウス………はっきり言って5ディスク以外はあまり頂けないベイブレードです。(ー_ー;)

返信する
高校生ブレーダー工藤旧一

今さらですがブラストジニウスについてです
確かにリブートを履かせることでバーストはしにくくなりますが、バランスを崩されやすくスピンフィニッシュでの勝率が芳しくありません。
プラネット履かせると良さげかなと感じます。

返信する
Rosehi

今更ながら、息子の愛するブラストジニウスの改造を考えてみました。定番ベイにはなかなか勝てないジニウスですが、フラフラしながらも、ドレインファブニル、P、Atにいい勝負します。
内重心だとバランスが悪くなるので、ディスクは外重心のリング。
ドライバーは定番のリボルブ。
息子はフラストジニウスと命名。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください