ベイブレードバースト超ゼツ/環境パーツ一覧!最強改造のスタートはこちらから!

工藤旧一
どうも、どうもどうも。高校生ブレーダー 工藤旧一です。

ガイストファブニル.8´.Ab、エクステンドチップ、プルーフフレームが発売され環境がまた激変。
これまで以上に環境パーツ同士での相性が大きくなりました。
そこで、今回は何が何だかわからない…という初心者の方や親御さんのために、激変した環境パーツについて大まかにまとめてみたいと思います。

[ad#byadlink]

[ad#beyblade1]

 

環境レイヤー

スプリガンレクイエム

言わずと知れた環境中の環境レイヤーです。

通常、ベイブレードバーストにおいては半年環境レイヤーとして持てばいい方ですが、このスプリガンレクイエムは10ヶ月に渡り環境に居座り続けています。

最大の長所は左右両回転。

左右両回転を生かして超Zレイヤーには劣る持久力をカバーしています。

11月には新型の超Zスプリガンが発売するという噂なのでそこにも期待ですね。

代表的な改造

・スプリガンレクイエム.Ω.Xt+
・スプリガンレクイエム.10L.Br
・スプリガンレクイエム.Ω.Ab

ヘルサラマンダー

現在、左回転で最強の機体です。

魅力はモードチェンジと高い持久力、吸収力です。

ゴッドシリーズ後半に環境を席巻した「アークバハムート」のような連打形状で吸収戦を得意としますが、アークバハムートとの最大の違いはある程度ロックがあるため左回転ともよく戦えることです。

代表的な改造

ヘルサラマンダー.0B(P).At
ヘルサラマンダー.10L.Br

リヴァイブフェニックス

バーストを一度防ぐことができる不死身レイヤーのフェニックス。

アーマーが吹っ飛ぶギミックの最大の長所はバーストを防ぐことではなく、アーマーが外れた後の真円に近く外重心の形状にあります。

この形が非常に持久戦に強く、またアーマーが外れる前に重さで相手のスタミナを削ることができることが強みです。

代表的な改造

・リヴァイブフェニックス.Ω.Et
・リヴァイブフェニックス.Ω.Xt+

※ここから下は、上の3つよりも使用率が落ちます

アーチャーヘラクレス

現在、フェニックス以外の右回転を使うならこれ。

超Zレイヤーで一番の持久力を持ち、かつ外側にメタルが配置された楕円の形状が攻撃力の高さを生みます。

さらにロックも固くバーストしにくいことで使いやすいのも特徴です。

代表的な改造

・アーチャーヘラクレス.Ω.Et

ウイニングヴァルキリー

アタックタイプの改造を使うなら間違いなくこれ!

攻撃力は超Zレイヤーの中で最高クラス。

さらに、メタルがレイヤーの外周を一周しているため持久力もそこそこあります。

被バースト率もゴッドヴァルキリーやビクトリーヴァルキリーと比べても抑えられています。

また、11月には新型の超Zヴァルキリー.Z.Evなるベイが準備されている模様です。

代表的な改造

・ウイニングヴァルキリー.任意のディスク.Ds
・ウイニングヴァルキリー.任意のディスク.Ω

エンペラーフォルネウス

超Z初期に流行ったディフェンスレイヤーです。

今ではリヴァイブフェニックスやアーチャーヘラクレスに右回転の環境レイヤーの立ち位置を奪われつつあります

が、人気が高く3on3で見かけるかも知れません。

代表的な改造

・エンペラーフォルネウス.Ω.R
・エンペラーフォルネウス.Ω.Et

[ad#beyblade1]

環境ディスク

0(ゼロ)

現在最重量のディスクです。

これが3on3に入らないという人はなかなかいないのではないでしょうか。

アウター

コアディスク以外では持久力がもっとも高いです。

フレーム要らずでかつ丸いため粘りにも最適のディスク。

10(テン)

0に次いで現在二番目に重いディスクです。

内側重心が特徴となります。

8ダッシュ

ガイストファブニルに付属していた8ディスクのダッシュ版です。

8より軽くなりましたが、8より外側に重心があるため3on3デッキによく組み込まれます。

[ad#beyblade1]

環境フレーム

バンプ

丸い16枚刃の防御・持久系のフレームです。

最近はプルーフに立ち位置を奪われがち…?

リフト

現段階でもっとも分厚い上下兼用フレームです。

その厚みからベアリングドライバーとの組み合わせで強力な粘りを発揮します。

最も、ベアリングドライバー以外との相性は最悪ですが。

プルーフ

現段階最強のフレームです。

丸く下垂ぎみでかつそれなりに重いので持久力が最も高いことを特徴とします。

0Pディスクは現時点の持久力最強ディスクと言えるでしょう。

[ad#beyblade1]

環境ドライバー

エクステンドプラス

*エクステンドチップが付きます

アキレスのドライバー、エクステンドの進化系です。

このドライバーの最大の特徴はその粘り。

フリー回転などはないにも関わらず、その形状で常にベイ本体を支え続けることができます。

このため逆回転との持久戦を得意とするドライバーです。

ベアリング

どのシリーズでも環境を席巻する定番の軸、ベアリングです。

今はエクステンドプラスに粘りで負けて3on3に入れる必要性も薄くなってきましたが、未だにリフトベアリングの組み合わせは強力と言えるでしょう。

エターナル

大きな異素材ガードパーツが自慢のエターナル。

バネが強く、ベアリングに勝てるほどの粘りを発揮するドライバーです。

アトミック

ゴッドシリーズではスプリガンレクイエム登場まで主流軸だったアトミック。

序盤はアタックタイプばりに大きく動き、終盤は軸のフリー回転ボールとリングで粘ります。

エクステンドプラス攻略に最も効果を発揮する軸だと考えています。

デストロイ

アタックタイプのドライバーで唯一フリー回転ガードを装備したものです。

序盤はアタックタイプらしく攻めて、後半はスタミナタイプも真っ青の粘りを見せます。

アブソーブ

全力シュートではスタミナタイプらしからぬ動きをするこのドライバー。

しかし、相手と逆回転だった場合はその大きなガードでよく粘り、ベアリング以外のドライバーには簡単に粘り勝つことができます。

エクストリームダッシュ

エクストリームのバネが強化されたダッシュ版です。

被バーストを気にせずに攻めることができるため、上級者がこのドライバーを使ってきたときは要注意です。

ボルカニック

大会では、ボルカニックは基本的にベアリングのような動きをするものと考えた方がいいでしょう。

フリー回転軸の回りがいいものがベアリングのように使われています。

しかし、エターナル等に弱いため今後減っていく可能性が高いです。

[ad#beyblade1] [ad#byadlink]

6 COMMENTS

つしまる

旧一様、現在の大会や環境の事がよくわかりためになり、色々スッキリしました!ありがとうございます!参考にさせていただきます!

返信する
ブレーダーパパ

旧一さんお疲れ様です。超Zシリーズからベイを始めて、大会参加もこれから本格的にと考えている親御さん子供たちには、かなりわかりやすい素晴らしいトピですね。たぶんどの親御さんも低学年のお子さんには話すかと思いますが、アニメで強いベイと大会で勝てるベイは違うよという所がまずは出発点でした(笑)。しかしながら、超Zはアニメで絶対的に強いフェニックスも環境入りしてますし、元主人公機ヴァルキリーもそこそこ、主人公機アキレスもプラスドライバーをつければベアリングを倒すことも出来ますし、そう考えると現在はアニメと現実が全く乖離している訳でもないなぁと旧一さんのトピックを読みながら思った次第です。

返信する
織り不

工藤様いつも楽しく記事をご拝見させて頂いてます。
いきなりですが今週の土曜大会に行くことになりまして
3on3の改造がまず1、ヘルサラマンダー・10リフト・ベアリング
2、リヴァイブフェニックス・7・エターナル
そして3が決まりません。環境パーツで持っているのは、
レイヤー・スプレク、ヘラクレス
ディスク・0・8ダッシュ
フレーム・グレイブ
ドライバー・アトミック・アブソーブ です。

何かいい改造がないか悩んでおります。
是非コメントをくれたら幸いでございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください